商品紹介

崇福寺形長頸瓶 (平安時代)

大津の廃寺跡から水瓶形の須恵器が大量に出土した事で崇福寺と呼ばれるようなった長頸瓶です。形が良く造型は美しいですが古い時代に首が欠損し無くなっています。花が似合うので季節ごとに楽しむ事ができます。

サイズ高さ16.6㎝胴12㎝    価格26000円

伊万里覗き盃瓔珞文様

呉須の色、白磁の色共にあがりが良いです。口縁部分に一か所蛤状のキズが有りますが剥れてはいません。文様は覗き盃には珍しい瓔珞文に輪線が描かれています。ゆっくりお酒を愉しむのに良い盃です。サイズ高さ6㎝口径5.2㎝。

価格10000円

鉄茶托(明治時代)

鉄を打ち出して作られた茶托です。縁が輪花になっていて鉄味も良いです。昔から人気が高いアイテムのひとつです。サイズ一枚の高さ6㎜幅9㎝5枚重ねた高さ2.3㎝。

売約済み